カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

Dr.BEAUTが語るエスティーサプリ・・55・・メタボリック症候群(メタボリックシンドローム)とナチュラルスパーキナーゼ<2006.11.22>

「美肌と末梢血流や微小循環・・18」

 エラスチン線維とコラーゲン線維の協同作用が皮膚のハリ、弾性にとっては大切なのです。

 エラスチン線維も、加齢や皮膚弛緩を起こす病気で減少すると、タルミやシワの原因となります。

 紫外線や露光部ではエラスチンもコラーゲンともども、非酵素的糖付加反応(酵素反応でなく)によって糖化(AGE、Advanced Glycation End Products)を起こすメイラード反応と呼ぶ反応によって、犯されます。

 人の体部で、モットも、日光などに露光されない臀部が、シワがよらなくて、若々しい理由が判ると思います。

 このメイラード反応は、老化を引き起こしたり、老化の加速にとって、問題となる反応なのです。

 エラスチンやコラーゲンにとっても、その代謝を阻害したりして、障害となりますから、用心しなくてはならないのだと理解できると思います。。

セラ・リポ・ライチとナチュラル スーパーキナーゼII との組み合わせが大切。

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント: