カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

Dr.ビュート(BEAUT)が語るエスティーサプリ・・54・・メタボリック症候群とナチュラルスパーキナーゼ <2006.11.20>

「美肌と末梢血流や微小循環・・17」

 エラスチン

 エラスチン線維は皮膚の弾性を保つ役割があり、大切な成分です。

 コラーゲン線維と同様、線維芽細胞により生成、分泌されるのです。

 コラーゲン線維に比べると量的には10分の1量ぐらいですが、コラーゲン線維とは異なった役割を持っています。

 コラーゲン線維間に存在して、伸縮の調節を担っているのです。

 

 若者の皮膚は引っ張って離しても速やかに戻ります。

 しかし、加齢者や光に露光する部分の皮膚の戻りが悪くなったりするのはエラスチン線維の役割によるのです

 つまり、皮膚の弾性を保ちコントロールするには、エラスチンとコラーゲンの協同作用が大切なのです

セラ・リポ・ライチとナチュラル スーパーキナーゼII との組み合わせが大切。

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント: