カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

Dr.ビュート(BEAUT)が語るエスティーサプリ・・52・・メタボリック症候群とナチュラルスパーキナーゼ <2006.11.14>

「美肌と末梢血流や微小循環・・15」

真皮層の主たる細胞外のマトリックス成分たるコラーゲンについて知っておきましょう。

 真皮では乾燥重量当たりの70%以上を占めているのがコラーゲンなのです。

 そのコラーゲン成分の内で、90%以上をコラーゲン線維が占めています。

 コラーゲン線維水分の保持能力が高く、弾性作用を持っているエラスチン線維とともに、皮膚のハリ、弾性を維持しているモットも大切な成分なのです。

 

 コラーゲンを合成するしているのが線維芽細胞で、細胞内でコラーゲン前躯体と呼ばれるまでの成分に生成されて、細胞外に分泌されるのです。

 線維芽細胞から分泌されたコラーゲン前躯体成分は、つまり、細胞外のマトリックスで、タンパク分解酵素などの作用を受けて、コラーゲン線維の形成となり完成するのです。

セラ・リポ・ライチとナチュラル スーパーキナーゼII との組み合わせが大切。

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント: