カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

Dr.ビュート(BEAUT)が語るエスティーサプリ・・51・・メタボリック症候群とナチュラルスパーキナーゼ <2006.11.10>

         

「美肌と末梢血流や末梢循環・・14」

 真皮層の細胞成分のメジャーで、何と言っても、キィーとなる細胞は、線維芽細胞だと言うことは、既に、何度も述べてきた通りです。

 線維芽細胞が線維成分のコーラーゲン線維(膠原線維)、エラスチン(弾性繊維)やヒアルロン酸、コンドロイチン硫酸などの酸性ムコ多糖類などの産生に関わっているんのです。

 また、タンパク分解酵素やその阻害物質も分泌して皮膚の弾力性にとって不可欠の結合組織成分の生成や分解を調節している細胞でもあるのです。

以上のように線維芽細胞が関与して、生成、分解して調節される成分を細胞外マトリックス成分と言います。

 細胞外マトリックス成分は、真皮層のみならず、皮膚全体のバランスある機能を果たすためには重要なのです。

 シミ、タルミ、加齢による「小シワ」、紫外線による「深いシワ」も、細胞外マトリックス成分が、その発生に関与している、極めて大切な成分なのです。

セラ・リポ・ライチとナチュラル スーパーキナーゼII との組み合わせが大切。

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント: