カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

Dr.BEAUTが語るサプリメント・・7・・メタボリック症候群・a

メタボリック症候群は、サプリメントの対象として注目されている疾患。

昨日、厚労省が2004年国民健康・栄養調査の結果がニュースとなった。

メタボリックシンドローム(MS, metabolic syndrome, メタボリック症候群、内臓脂肪蓄積症候群)が、わが国の人口統計から有病者が1300万人、予備軍が1400万人に及ぶとの推計だった。

MSについては、最近、良く話題となるから、ご存知の方が多いと思います。

一定条件以上の肥満がある人で、それに加えて、高血圧、高脂血症、高血糖症のうちで、二つの条件を満たす人について、MSと言うのです。(詳しい基準は、私の本を参照くださればうれしい限りです)。

このMSは、内臓脂肪の蓄積に伴なう脂肪細胞が産生、放出するアディボカインと呼ぶ内分泌異常が原因となって、血管の障害が進むことが問題なのです。

つまりは血管の病気なのです。

その障害が、心臓や脳の血管に発生した場合に心筋梗塞、脳梗塞などの危険な病気と成りやすくなるから要注意なのです。

その予防の肝は、まず、バランスの取れた栄養成分を含む食事を適正なカロリーで楽しむことが第一です。

次が、運動による肥満対策と気分の良い体調整備です。

第三は、現代社会ではストレス解消が大切となります。

以上の三点の対策で、十分といかなければ、サプリメントに期待することになります。

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント: