カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

Dr.ビュートのすすめるオタピー ショップ・・1 <2006.10.24>

 オタピー ショップの紹介を始めるに当たり

 Dr.BEAUT・ソフィーリッチでは、自社製品、提携商品に加えて、アフィリエイト商品を紹介しています

 皆さんが健康で文化的で、心豊かな生活を営むためのお手伝いをしたいからです。

 日常茶飯のチョットした配慮によって、心の安らぎ、ユトリ、美意識とセンスを感じる生活を楽しまんとする嗜好、思考、志向を持って、紹介しています。

 私どもが紹介する商品、アイテムは質とセンスが良いと皆さんに認めてもらえるようにとのフィロソフィーで選んでいます。

 

 日常茶飯の生活にあって、今日言われるところの「ハイカルチャー」にとどまらず「POP−Kitsch−サブカルチャー」についても大切、重要と認識して目を向けて紹介しています。

 私どもの日常茶飯の文化・オタピー茶の湯の精神に基づいているのです。

 日常茶飯の生活文化であるべき茶の湯が中国、韓国に加えて、キリシタンを介した西欧文化を吸収して、今日の茶の湯文化を作り上げています。

 つまりは、特別のものではなく、日常茶飯の生活に基づいていなければならないことが、今日忘れられてしまっていると思うのです。

 そして、今や、現代の科学技術や文化を取り入れた生活環境にあっての日常茶飯の人間らしさや心の豊かさが味わえる生活空間・様式へのチョットした工夫、こだわりが求められていると思うのです。

 私どもは、その状況を「ハイカルチャーとPOP−Kitsch−サブカルチャーとの界を紛らかす」といっています。

 その背景は、侘びの茶が、唐物優先から和物への目を向けることから始まっているからです。

 それを、「和漢の界を紛らかす」と言っているのですが、そこのところを現在の状況に当てはめて、「ハイカルチャーとPOP−Kitsch−サブカルチャーとの界を紛らかす」と呼んでいるのです。

 言ってみれば、禅僧の雲水たちの修行に当たり、「まあ、茶でも飲んで(且坐喫茶)」から始まる精神です。

 日常生活から乖離してしまった日本文化とグローカルジャパンからクールジャパンの創生を目指そうではありませんか。

 以上のコンセプトの上で、皆さんに商品の紹介をしたいと思いますので、どうぞ、ご愛用くださいますよう!!

 

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント: