カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

Dr.ビュート(Dr.BEAUT)が語るエスティーサプリ・・36・・メタボリック症候群とナチュラルスーパーキナーゼII・C <2006.8.18>

“高血圧とナチュラルスーパーキナーゼII”・・1

 内臓脂肪蓄積に伴なうメタボリック症候群(メタボリックシンドローム、metabolicsyndrome)による心血管イベント(心筋梗塞、脳梗塞など)の危険を増す条件は、前回述べました高血糖、II 型糖尿病に加えて、高血圧、高脂血症が要注意となります。

 今回は高血圧に注目です。

 高血圧となる原因は色々ありますが、取り分け、アンギオテンシン II(AngーII)が誘発する高血圧がメタボリック症候群を悪化させることになり、深い関係があるのです。

 しかも、Ang−IIはメタボリック症候群を悪化させる悪玉アディボカインの仲間でもあるのです。

 一方、ナチュラルスーパーキナーゼII(PDF図)は、血圧低下作用を持っています。

 その血圧低下作用は、Ang−IIの出来るのを抑制することによって効いている可能性が強いのです。

 つまり、Ang−IIは高血圧を誘発すると同時に、メタボリック症候群を悪化させる悪玉でもあるのですが、

 都合の良いことに、ナチュラルスーパーキナーゼII血圧低下作用を持つとともにAng−IIの生成を抑制することによって効いている可能性を強く示唆していることになります。

 そうなると、ナチュラルスーパーキナーゼIIは、直接、血管内で出来た血栓を溶解する作用、血小板の凝集を抑制する作用、悪玉アディボカインのPAI−1を分解して溶解する作用に加えて、血圧低下作用も介して、メタボリック症候群の悪化条件を改善していることになりと判るでしょう。 

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント: