カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

Dr.ビュート(Dr.BEAUT)が語るエスティーサプリ・・33・・脳梗塞とナチュラルスパーキナーゼII <2006.8.7>

“tPAとナットウキナーゼII”

 本日の朝日新聞に、tPA使用によって、脳梗塞患者の四割が社会復帰可能になったとの記事が掲載されていました。

 tPAは昨年の10月から保険適用されるようになって、脳梗塞の治療として役立っているのです。

 但し、脳梗塞発作の発症後、3時間以内の使用開始が大切です。

 ここで注目されるのがtPAの役割(PDF)です。

 tPAはtissue type Plasminogen Activatorと言って、動脈の血管内皮細胞から分泌される成分で、プラスミノーゲンと言う血栓を分解する酵素を活性化する役割を持っているのです。

 つまり、血管内で脳梗塞や心筋梗塞発作を誘発する血栓が出来た時に、tPAがプラスミノーゲンを活性化して、血栓、取り分け、フィブリン血栓を溶解することによって梗塞部位の血流を再開させることが出来るのです

 現在、我がDr.BEAUT・ソフィーリッチで、お買い得特別感謝セール中のナチュラルスーパーキナーゼIIはプラスミノーゲンと同じような役割として、直接、血栓を溶解する作用を持っています。

 ナチュラルスパーキナーゼII中の主成分のナットウキナーゼによる溶解です。

 更に加えて、本日話題のtPAとも密接に関連しているのです。

 tPAは血管内ではPAIー1(Plasminogen Activator Inhibitorー1)と呼ぶ因子と複合体を形成して、前述のプラスミノーゲンを活性化しないようにしているのです。

 つまり、PAI−1が増加しているとtPAは血栓溶解作用を活性化出来なくなるのです。

 前回まで、説明してきましたメタボリック症候群(メタボリックシンドローム、metabolicsyndrome)ではPAI−1が増加することになっています

 そうなると、結果として、tPAによるプラスミノーゲンの活性化は起こらなくなってしまいますから、当然のことながら血栓を溶解出来なくなると判ります。

 所が、ナチュラルスパーキナーゼIIPAI−1を分解不活化作用も持っているのです。

 以上をまとめますとtPAは、脳梗塞発作にとって重要な治療法となっています。

 ナチュラルスパーキナーゼIIは、直接、血栓を溶解する作用とともにtPAの活性を阻害しているPAI−1を分解不活化する作用を持っています。

 また、PAI−1メタボリック症候群で増加して、tPAによるプラスミノーゲン活性化を介する血栓溶解作用を阻害している危険な状態になります。

 以上より、Dr.BEAUT(ビュート)薦めるエスティーサプリ(AESTYSUPPLE)としてのナチュラルスパーキナーゼIIの重要さ、大切さが理解できたと思います。

         Now、It`s The Time to Save Your Money !!

         No Hesitation to Buy from Our Shop !!

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント: