カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

Dr.BEAUTが語るエスティーサプリ・・25・・メタボリック症候群・s <2006.7.19>

 “肥満改善には、まず、食事を二割カット”

 メタボリック症候群は、内臓脂肪の蓄積にともなった肥満だと言うことは、既に、ご存知のことと思います。

 同じ蓄積脂肪でも、皮下脂肪による肥満とは区別をして考える必要があります。

 それは内臓脂肪は、アディボカインと呼ぶ内分泌物質を分泌するからです。

 特に、善玉アディボカインは減少して、悪玉アディボカインの分泌が増すことが問題なのです。

 悪玉アディボカインの分泌増加は、糖尿病、高血圧、血中の中性脂肪の上昇と善玉コレステロールの減少などを促進して、動脈血管の動脈硬化を促進するようになるのです。

 つまりは心血管イベントと言われる、心筋梗塞や脳梗塞を起こし易くするのです。

 また、脳血流の低下を起こし、記憶力など人間らしい脳の機能を低下させてしまうから大変なのです

 以上が内臓脂肪の蓄積を避けるべき理由なのです。

 しかも、内臓脂肪の蓄積は食事による糖、脂質の過剰をともなった場合に、運動等によるエネルギー消費が少ないと過剰となり、誘発されるのです。

 しかし、日常生活で、あれやこれやと食べるものに注文を付けられても人それぞれの食習慣がありますから、変えようとしても言うほど簡単ではありません。

 また、食べ物のそれぞれが含む成分やカロリーをいちいち多い少ないと言われても、鬱陶しい限りです。

 食べ物の嗜好、楽しみも大切な生きがいと言えます

 そこで、肥満改善のレッスンワンは、昔からの言葉、腹八分目を思い起こすことです。

 手始めに、今まで食べた量に対して、全体の食べ物量の二割をカットすることから始めることです。

 間違い無しに、臍の周り、バンド周りは減り始めます。

 バンド周り85cmを目指して続けることです

 慣れると次の二割カットも容易となります

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント: