カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

メタボリックシンドロームは、酸化ストレス・慢性炎症・・5 <2007.11.16>

 「酸化ストレス・慢性炎症」が動脈硬化性疾患の血管病変誘発の基・・5・・中胚葉性由来の細胞、組織、臓器、器官が酸化ストレス・慢性炎症にキー

 今回は、中胚葉性由来の細胞、組織、臓器からなる器官を取り上げます

 マサニ、動脈硬化性疾患の血管病変誘発には、中胚葉性由来の器官が、主役を果たしているのです

 中胚葉系の器官が介在する酸素テンション障害からの予防が、動脈硬化性疾患につながる血管病変誘発を阻止できるとなります

 つまり、動脈硬化予防は、中胚葉系細胞による障害を如何にコントロールするかに帰す事が出来るぐらいです

 中胚葉性由来細胞、組織、臓器で、動脈硬化、取り分け、血管病変誘発と深い関係にあるものは、以下の如くです

 ・ 血液系の細胞; 

   白血球系の細胞が深く、重要な役割に関与します。

   動脈硬化性血管病変の誘発には、炎症誘発細胞とも言える各種の白血球がかかわります。

   単球、食細胞(マクロファージ)、多核白血球は、マサニ、主役と言えます

   加えて、リンパ球系の細胞も無関係ではありません。

 ・ 脂肪細胞

   内臓脂肪細胞は、動脈硬化性疾患誘発に関与するサイトカインのアディポカイン(アディポサイトカイン)を分泌します。

   メタボリックシンドロームでは、内臓脂肪細胞が、肥満との関係で、酸化ストレス・慢性炎症誘発の主役となっているのです。

 ・ 血管

   動脈硬化性疾患の主役・動脈血管も、中胚葉性由来なのです

   動脈硬化性疾患の代表と言えるのが、虚血性心疾患の心筋梗塞、脳梗塞、動脈閉塞性疾患ですが、全て、動脈血管が介在している血管病なのです

   動脈血管壁の内皮細胞は、上述の血液細胞、脂肪細胞と密接な関係があります

   血管内皮細胞は、動脈硬化性の血管病変の防波堤のキーとなる役割を担っています

   つまり、血管内壁にあって、酸化的ストレス・慢性炎症誘発を阻止する事は、コレステロールやLDL-コレステロールが問題となるより、ハルカニ、初期的段階にかかわっているのです

 ・ 心臓

  動脈硬化性疾患と言えば、心筋梗塞と言うほどに心臓は重要な器官です。

 ・ 筋肉

  筋肉は、脂肪細胞・組織が蓄積する器官であり、ダイエットとも深くかかわります

  誤ったダイエットが、筋肉、結合組織の障害となることは、動脈硬化性病変誘発となるといえます。

  次に取り上げますように、結合組織も、中胚葉由来なのです。

 ・ 結合組織

  結合組織は、臓器、組織の支持役、生体の保湿、弾力性を保つ役割を担います

  皮膚の抗加齢にとって、キー成分と言えますが、結合組織も、酸化ストレス・慢性炎症によって障害を受けるのです

 ・ 

  骨格を形成する骨は、中胚葉性由来なのです。

  骨粗そう症で知られるように、抗加齢とも深い関わりがあります

 ・ 真皮

  表皮は、外胚葉性由来ですが、真皮は内胚葉性由来です。

  真皮までは、血管が分布しています。

  また、皮下脂肪細胞、結合組織などの役割が問題となります。

 ・ 脾臓

  脾臓は、造血臓器・血液蓄積・処理としての役割を果たし、免疫系の細胞産生と組織網としても大切です

 その他に、尿道などが、中胚葉性由来となります。

 以上、如何に、中胚葉性由来の器官が、動脈硬化性疾患の発症、防禦にかかわっているかが理解できると思います

 酸化ストレス・慢性炎症誘発にも関与する細胞・組織が中胚葉性由来である事もわかったと思います

 つまり、動脈硬化性疾患は、中胚葉性由来の病気と言うことが出来ます

 最後に、悪性腫瘍との関係を述べておきます。

 通常、悪性腫瘍の事を、“ガン”と言っていますが、厳密には、誤りなのです。

 悪性腫瘍は、ガンと肉腫に分けられるのです。

 その内、ガンは、上皮性由来の細胞から発症する病気なのです。

 その上皮性由来の細胞は、扁平上皮細胞などが代表で、内胚葉性由来の細胞から発症するのです

 胃ガンなどの消化管、肺ガンなどが代表です。

 一方、白血病、筋肉腫、骨肉腫などの中胚葉性由来の細胞から発症する悪性腫瘍は、肉腫なのです

 (楽天、ミクシイでは『「脳力」は、「素肌美力」、「抗加齢力」に通ず・・15・・わが国は、戦後、動物性脂質、タンパク質摂取量が増加してから、心疾患、脳血管性疾患死亡率は現象を続けている・・12・・健康イキイキ人類の歴史・・5』を話題としています)

 (Googleでは『オタピーラプソディー; 「健康力」の常識は変わっている・・2』を話題としています)

 (はてな日記では『オタピー茶の湯; 日常茶飯の「こころ」・・34・・「喫茶・茶の湯」、「煩悩是道場」、「価値観によるイ選択の自由」・・1』を話題としています)

その他の「低コレ&ローコレ日記」シリーズ
低コレステロールの危険性 コレステロールは必要 コレステロールは『脳力』をみがく

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント: