カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

コレステロールは悪者では無い・・9 <2007.10.1>

 低コレステロールは危険; わが国の動脈硬化性疾患(心疾患、脳血管疾患)の死亡率低下は、動物性脂質摂取量が増加してから始まった・・2

 わが国の三大死因の二位、三位を占める動脈硬化性疾患は、心筋梗塞などの虚血性心疾患および脳卒中などの脳血管死亡を意味します。

 『食事の西欧化によって、動脈硬化性疾患死が増えた』と思っている人は多いと思います

 しかし、1970年頃以後から、モットも近年の発表された2005年の年齢調整死亡率にあっても、心臓、脳のいずれの動脈硬化性疾患による死亡率は低下を続けて、最低を続けています

 前回示しましたように、動物性脂質摂取量は、1955年頃より増加を始め、1973年以後、今日に至るまで、4.5倍ほどの摂取を続けているのです

 ・つまり、動物性脂質摂取は、動脈硬化性疾患の死亡率とは、逆の関係にあることになります

 ・取り分け、脳出血などによる脳血管疾患の死亡率の死亡率の低下は、著しく、動物性肉食摂取による栄養条件の改善が貢献していると言えます

 ・血中コレステロール値の年次推移にあっても、近年の調査にあっても、低下しているとは言えません

 ・また、スタチン系コレステロール低下薬の使用によって、血中コレステロール値やLDL−コレステロール値の低下療法によって、わが国の心血管死亡率を低下させているとも言えないのです

 ・血中コレステロール値は、50歳以上の更年期以後の女性で、増加することは、よく知られたことです

 しかしながら、前回、2005年のわが国の動脈硬化性疾患死亡率についての紹介をしましたが、心疾患、脳血管性疾患による死亡率は、男性に比して、半分ぐらいと少ないのです

 ・それでも、わが国の男性の心疾患死亡率は、2005年では、人口10万人当たり83.7人で、欧米各国に比して、2〜7倍に及ぶほど少ないのです

 ・それだからと言って、わが国の血中コレステロール値が、欧米に比して、低いからだとは言えないのです

 次に、問題となるのが、脂質でも、動物性脂質といっても、魚介類の脂質との関係、植物性脂質摂取量との関係が問題となります

 資料は、厚労省による「平成16年 国民健康・栄養調査報告」(第一出版)からです。

・ 動物性脂質/(植物性脂質+魚介類の脂質); 動物性脂質摂取量に対する植物性脂質と魚介類由来の脂質との比。

 比の値が、上昇することは、動物性脂質摂取依存が増加したことを意味します

 1955年以後の年次推移

 ’55   ’65   ’70   ’75   ’85   ’95   ’00    ’04

 比; 動物性脂質/植物性脂質+魚介類の脂質

 0.16  0.45  0.61  0.61  0.63  0.67  0.66   0.65

 動物性脂質摂取量(魚介類の脂質を除く); gr/一日

 2.8   5.6  17.6    20.9  22.0  24.0  23.0   21.4                            ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ・魚貝類を除く動物性脂質摂取量は、1955年(2.8)以後に増加を始め、1975年以後は、20以上のレベルを保っているのです

 ・そして、動物性脂質摂取量の植物性脂質プラス魚貝類の脂質摂取量に対しても、1970年以後、ほぼ、一定の比を保っています。

 ここでは示しませんでしたが、一日の脂質創摂取量も、1955年以後に増加を始め、1970年以後、ほぼ同一の脂質摂取量を保っているのです

 以上より、戦後、食生活が、動物性脂質摂取量増加によって、心臓や脳血管の動脈硬化性疾患死亡が増したのではなく、逆に、減少を続けているのだと判ります

 私のドグマ、肉食動物摂取によって、コレステロールとグルタミン摂取を増やして、『脳力』を増し、「筋力」もつけて、大リーグで、ホームラン王を競うような選手が現れて欲しいものです。

 (Googleでは「スクアレン(スクワレン)とコレステロール・・スクアレンとコレステロールは素肌美のキー成分・・その3」を話題とします)

 (楽天、ミクシイでは「素肌美とコレステロール・・ほとんどの女性は、高コレステロールの心配無し・その4」を取り上げています)

 (はてな日記では『オタピー茶の湯; 日常茶飯の「こころ」・・29・・わが国の喫茶・茶の湯文化の歴史・・茶礼』を取り上げています)

お気に召したらクリックどうぞ →人気Blogランキンへ 

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント: