カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

Dr.ビュートが語るエスティーサプリ(AESTYSUPPLE)・ ・19・・メタボリック症候群・m

 “タンパク質についての考え方”

タンパク質は、糖質、脂肪と並んで、三大栄養素。

 糖質とタンパク質は、食べると、1 グラムあたり、4 キロカロリーのエネルギーを産みます。

 脂肪は、1 グラムあたり、9 キロカロリー となり、糖質やタンパク質の2 倍以上のエネルギーを産むと判ります。

 カロリーとして考えるとタンパク質は糖質と同じエネルギーを生産することになります。

 しかし、人間がタンパク質を摂取した時、糖質と比較した場合、意味が異なります。

 糖質は、エネルギーとして利用され易いのですが、タンパク質は、必ずしも、エネルギーとして利用されることが優先されていません

 糖質や脂質が不足して、必要なエネルギー生産が出来なくなるまで使われ難くなっています。

タンパク質までもエネルギーとして使われるようになると、可哀想で、気の毒にも子供や大人も飢餓状態栄養失調で痩せぎす状態の骨と皮だけのようになってしまいます

 タンパク質は、筋肉を代表とするように機能と構造的な役割を担うことが大切となっています。

 心臓も筋肉から成っているのです。

 また、人間が複雑な機能を果たすためには、遺伝子コントロールが必要で、まず、DNA,RNAによる情報発信が必要です。

 その情報を受けて、その役割、機能を実行するために、酵素が作られるようになります。

 その酵素は、タンパク質を主成分として構成されているのです。

 酵素が、“鍵と錠前”の関係によって、人間が生きてゆくために必要な成分を作ったり、壊したりして、調節しているのです。

 タンパク質は、アミノ酸から成っていることは、皆さんご存知のことと思いますが、必須アミノ酸と言われるアミノ酸があります。

 人間が体内で作ることが出来ないために、食べ物から摂取する必要があります。

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント: