カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

動脈硬化性疾患の予防と治療・・35 <2007.7.27>

 動脈硬化性疾患の新たなる危険因子・・スタチン系コレステロール低下療法と臨床成績・・その4

 「我が国における代表的な大規模臨床試験」の続きです。

 今回は、試験名・JELISについてとします。

 JELIS試験は、スタチン系コレステロール低下薬の有効性を検討したものではありません

 スタチン系薬剤を飲んでいる人に、n−3系の不飽和脂肪酸(オメガ3系脂肪酸)のエイコサペンタエン酸(EPA)投与の有無によって、心血管イベントや心血管死亡率について、検討したものです

 つまり、エイコサペンタエン酸(EPA)の心血管疾患への有効性検討と言えます。

 EPAの一日摂取量は、1.8グラムでした。

 その結果として、従来のスタチン系薬剤投与では、心血管死亡率の低下は認められてはいませんでしたが、このJELIS試験では、−24%の心血管死亡率の低下が認められていると言うことです。

 スタチン系薬剤だけでは、心血管死亡率の低下は認められていなかったのですが、EPAによって、その低下があらわれたとなります。

 ・ 対象となった患者は、女性が68%を占め、平均年齢は、61歳でした

 心筋梗塞の既往がある人は、20%あり、糖尿病は、16%でした。

 試験期間は、4.6年で、2005年に発表された報告です。

 ・ 試験開始前と治療後の血中総コレステロール値(TCH,mg/dl)LDL−コレステロール値(LDL−C,mg/dl)は、以下の如くでした。

             TCH     LDL−C

 治療開始前     275      182

 治療後        223      137                  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  ・ 臨床試験結果・・・イベント抑制効果・・・%低下率

     NSは、Not  Significant・・・有意差無しの判定

     主要血管イベント          −19

     脳卒中(致死的、非致死的)    NS

     心血管死亡             −24

     総死亡                 NS               ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 以上、JELIS試験では、今まで取り上げてきました、我が国の代表的なスタチン系薬剤投与試験では得られていなかった心血管死亡率を、24%低下させることが出来たということです

 更に、注目すべきは、TCHとLDL−Cが、紹介してきましたKLIS,PATE,MEGA試験に比して、治療開始前の値が高い症例群だということです

 また、心筋梗塞の既往症がある人が、20%を占めています。

 平均年齢、糖尿病に加えて、他の危険因子があり、「動脈硬化性疾患予防ガイドライン 2007年版」が示すリスク別脂質管理目標値が、カテゴリーとして、高リスク群IIIの人が多くを占めていると想定されます

 つまり、LDL−Cは、120mg/dl以下に管理すべき対象患者であったとなります

 しかし、LDL−Cは、治療開始前が、182mg/dlと高い上に、治療後も、120mg/dl以下ではなく、137mg/dlと、上述のどの試験よりも高値となっています。

 コレステロール値についても、同様で、275mg/dlと高値からのスタートであり、治療後の値も、223mg/dlと、イワユル、想定されているコレステロール値・220mg/dlより高値にしか低下していません。

 つまり、コレステロール値、LDL−コレステロール値のいづれも、高値群から治療を開始して、治療後も、リスク管理地より高めにあっても、EPAの1.8グラムが、主要心血管イベントのみならず、他の試験では得られなかった心疾患死亡率の低下が得られたのです

 すでに何回もGoogleで取り上げていますように大櫛グループの基準によるコレステロール値、LDL−コレステロール値が検討に値する事実だと思います

 スタチン系薬剤を投与することなく、EPAのみの投与試験が、如何なる結果となるか、大変興味があります

 EPA投与のみで、心疾患死亡率の低下が得られる!?

 (Googleでは「低コレステロールが増す疾患・・年齢別・性別のコレステロール値の提言・・33」です)

 (楽天、ミクシイでは「素肌美障害とコレステロール代謝・・ステロイドホルモン・・3」です)

 (はてな日記では『オタピー茶の湯; 日常茶飯の「こころ」・・12』です)

お気に召したらクリックどうぞ → 人気Blogランキンへ

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント: