カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

低コレステロールへの認識を改めよう;総死亡を高め、素肌美の敵なのだ!!・・1 <2007.3.30>

 我がDr.BEAUT・ソフィーリッチ(Dr.ビュート・ソフィーリッチ)は、ローコレステアラーム機複味錬廝達硲錬味釘咤圍釘腺味腺劭有機砲鬟汽廛螢瓮鵐函栄養補助食品として開発、販売を始めました。

 元祖と言えるトップとなる低コレステロールのニードに答える商品です。

 低コレステロール(199mg/dl以下)では、ガン、脳出血、感染症、自殺などによる総死亡率を増すのです

 コレステロール値が200〜259mg/dlで、心筋梗塞、脳梗塞も含めた全ての総死亡率は最低となります。

 一方、高コレステロールが恐れられた心筋梗塞や脳梗塞などの動脈硬化性疾患の予防、診断などの診療指針から、血中コレステロール値が除外されることになりました(日本経済新聞が3月17日と20日に、この四月末に動脈硬化学会が改定除外されると報道)。

 既に、同学会による「動脈硬化性疾患診断ガイドライン2002年版」で、コレステロールの基準値は定め難く、参考値となってしまっていたのですが、今回の改訂によって、更に明確にコレステロールを除外することになります。

 同じ、動脈硬化性疾患の予防や診断で、メタボリックシンドローム(メタボリック症候群、代謝症候群)の診断基準からは、血中脂質として、コレステロールは外されて含まれず、中性脂肪のトリグリセライドとHDLコレステロールだけですから、当然と言えます。

 但し、家族性高コレステロール血症などの特異な疾患では、コレステロール値の意味は大切です。

 逆に、こうした背景に、今後は、死亡率の危険が増す低コレステロールの予防と診療がクローズアップされることになること間違い無しです。

 今回、ローコレステアラーム機複味錬廝達硲錬味釘咤圍釘腺味腺劭有機砲砲茲辰董∪茲此特許も申請して、先鞭者となったのです

 低コレステロールの危険性を理解していただくために、今後、お話を続けたいと思います。

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント: