カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

Dr.ビュート(BEAUT)が語るエスティーサプリ・・63・・メタボリック症候群とナチュラルスパーキナーゼ <2006.12.19>

「美肌と末梢血流や微小循環・・26」

 皮膚の真皮層は、その障害がシミ、タルミ、シワの発生の原因となります。

 それ故に、ナチュラルスパーキナーゼによる末梢血流の障害を防止しようとすることは、先ず、大切なことになります。

 前回話題としました「セラ・リポ・ライチ」には、皮膚表皮の角質細胞間脂質成分として重要な役割を果たすセラミド含有スフィンゴ糖脂質米エキスに加えて、αーリポ酸ライチ種子エキスが組み合わされています。

 αーリポ酸は、アンチオキシダント(抗酸化作用)としての作用を期待して、血管内の酸化的ストレスによる血栓の発生をナチュラルスパーキナーゼ兇箸龍同作用として予防をしようとするものです。

 加えて、露光、紫外線、酸素などによる酸化障害をαーリポ酸によって防ぎ、シミ、タルミ、シワ障害の予防をしようとするものです。

 また、ライチ種子エキスには、各種のポリフェノールなどが含まれており、真皮層の重要なる細胞成分、線維芽細胞の機能を高めんとするものです。

 線維芽細胞の果たす真皮層での役割は、既に説明して来ましたので、その大切さはお判りいただけると思います。

セラ・リポ・ライチとナチュラル スーパーキナーゼII との組み合わせが大切。

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント: