カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

Dr.BEAUTが語るエスティーサプリ・・9・・メタボリック症候群・c

メタボリック症候群は、今だ、糖尿病と言ったような明確な病気名としての定義がハッキリしたものではありません。

それ故に、症候群と言われて複合的な呼び名になっているのです

従って、メタボリック症候群と診断される条件は、国際的に統一されたものとはなっていません。

アメリカの国立保健研究所や国際的には国際保険機関(WHO)が定める条件とはそれぞれ異なっていています。

わが国のメタボリック症候群と診断される基準、条件は、以下の如くです。

 まず、内蔵脂肪蓄積を示すパラメーターが問題となります。

CTなどによる測定が必要ともいえるのですが、統計的な検討によって、ウエスト周囲径が内臓脂肪の蓄積量を表していると考えられているのです。

そこで、ウエスト周囲径が内臓脂肪の蓄積を判断する必須マーカーとして、現在のところ用いられています。

 ウエスト周囲径は、立位で臍ベルトの位置で測定します。

但し、脂肪蓄積が著名で、臍が下方に下がってしまうほどの人では、一番した下の肋骨、つまり、肋骨下縁と骨盤の骨の前、前上腸骨棘との中点の位置で測定します。

 そのウエスト周囲径が、男性では85儖幣女性では、90儖幣である場合、メタボリック症候群の必須条件を満足していることになるのです。

 逆に、それ以下の場合、まづは、メタボリック症候群の心配から外れると言うことです。

 女性が、90儖幣紂男性が、85儖幣紊箸覆辰憧餔曚忙廚錣譴襪もしれませんが、女性の場合、皮下脂肪が多いために、内臓脂肪のつき方が同じでも、ウエストが大きくなるとのデータが出ているからです。

 以上、メタボリック症候群であるかどうかは、まず、ウエスト周囲径次第となります。

 その場合は、次回からの条件に当てはまるかどうかの検討が必要となります。

 さらに、メタボリック症候群について、チャンと理解したいと思う人は、わが社の本を買っていただき、勉強をしてください。

 しっかり、理解することが、大いに、サプリメントとはの理解と無駄なコスト削減に役立つこと間違いなしです。

 科学的根拠を理解することが、まず、大切です。

 

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント: